前橋市で給湯器交換するなら給湯器交換専門店の「ユーテック」へ!!

自宅の給湯器交換をそろそろしようと考えている方も、業者選びには悩みますよね。前橋市で給湯器を交換するなら、交換を専門的に行っているユーテックがお勧めです。ここでは、給湯器交換に関する内容について色々ご紹介します。

前橋市で給湯器を交換する前に自分でできる故障確認のコツ

給湯器 前橋市

給湯器の温度が不安定になっている

給湯器の温度が不安定と言うのは、普段と同じ給湯温度に設定しているにも関わらず、お湯が熱過ぎたりぬるかったりする状況です。このタイプには、修理・交換が必要な場合とそうでない場合があります。
お湯を止めて改めてお湯を出してみると、温度が変化すると感じている人は比較的多いです。実は、この状態は給湯器の冷水サンドイッチと言われる現象です。給湯器でお湯を作る際に生じるタイムラグや配管の残水等が原因で、その際に、熱いお湯や冷たい水が出る事があります。しかし、どうしても気になるという方は業者に相談して買い換えの検討も可能です。
また、ガス栓がしっかり全開していない場合もあります。基本的にガス栓は全開にしておくものなので、それが半開になっていると給湯温度は不安定になります。ガス栓や給湯器の元栓等を確認して、全開になっていない場合は全開にしておきましょう。

給湯器から異音がする

ガス給湯器と言うのは、性質的に作動している時や作動停止後には必ず音がします。これは、給湯器内部にファンモーターと言って、バーナーに空気を送り込む装置が装備されているからです。しかし、今までに聞いたことの無い音がする場合には、少し注意する必要があります。
「ピー」という音がする場合、ピーという音は、酸素とガスの量が合っていなかったり、ファンモーターの不具合が生じていたりする事が考えられます。また、「ボコボコ」という音がする場合は、ポコポコという音はバスタブから聞こえてくる音になりますが、循環パイプが正しく設置されていなかったり、熱交換器が汚れてしまっていたりする事が考えられます。さらに、「キーン」という高い音がする場合は、キーンと言う音は配管から聞こえてくる音になりますが、急激な圧力変化が管内で生じている事が考えられます。他にも、「ポン」という爆発音は、ガス漏れ等が原因で不完全燃焼を給湯器が起こしている可能性があります。

お湯が温まらず常に温度がぬるい

給湯器のお湯がずっとぬるい場合、一部の水栓であれば、水栓金具の不具合、サーモスタットの不具合等が考えられます。しかし、全ての水栓で熱いお湯が出ない場合は、給湯器本体に異常があると考えられるので、給湯器の修理や交換が必要な可能性が高いです。

追い焚きする事ができない

お湯は出ても追い焚きができないと言うケースもよくあります。この場合は、まずバスタブの循環アダプターの確認が大切です。よくあるのがアダプターにゴミが溜まっていたり、アダプターの掃除後しっかり取り付けられていなかったりした際に発生するトラブルです。アダプターをしっかり取り付けた上で、清掃しても追い焚き機能が解消しない場合には、追い焚きポンプの水分不足が原因に考えられる事もあり、十分に水量確保する事で改善される場合もあります。

給湯器から黒い煙が出ている

黒い煙が給湯器本体から出ている原因には、不完全燃焼が起こっている証です。この状態で給湯器を使用し続ける事は危険です。なので、使用停止して専門業者による修理または交換が必要となります。

前橋市で給湯器交換を行う際に押さえておきたいポイントについて

給湯器 前橋市

給湯器の寿命を把握しておく

給湯器にも機械の寿命があるので、ある一定年数を過ぎてくると故障リスクが高くなります。特に、給湯器を使用する頻度が多い家族住まいの家庭では、寿命が早まる可能性も高い事が挙げられます。給湯器の寿命が来てしまう前に、給湯器の交換やメンテナンス等を行う事は大事な事ですが、どのようにそのタイミングを判断すれば良いのか把握しておく事は大切です。
各給湯器メーカーでは、標準使用条件の下で安全に支障なく使用可能な設計標準使用期間を定めています。基本的に、家庭用給湯器の場合は10年と設定しています。給湯器の製造年月日が、給湯器のフロントパネルや側面に記載されている場合が多いので、そこで使用年数を計算する事ができます。

10年を超えていたら交換する

実際には10年以上使用している家庭もあるかと思いますが、給湯器と言うのは消耗品になるので、家庭の家族構成や使用する頻度で寿命も変わってきます。使用目安である10年やそれ以上の使用では、給湯器の劣化や磨耗等が起こりやすくなります。給湯器をあまりにも放置していると、交換が必要な部品が廃盤になっていたり、修理費が高くついてしまったり等のリスクが生じてきます。
前橋市で給湯器交換の依頼をする場合、通常、正式に注文してから約3日~1週間程度の日数と時間が必要になります。また、交換費用も10万円以上と高額になります。急に給湯器が故障した際、業者探し~交換するまでにある程度の時間と、突然の出費で金銭的な打撃も出てきます。10年を越えている場合は、いつ給湯器が故障してもおかしくない状態なので、早めの交換がお勧めです。

前橋市の主な給湯器交換の依頼要件について

給湯器 前橋市

給湯器の寿命が来た

冒頭でもお伝えしているように、給湯器にも耐用年数と言うものがあります。平均耐用年数は約8~10年となっており、給湯器本体内部の耐用年数とも言えます。前橋市の家庭では、10年以上給湯器を使用している場合も少なくありません。しかし、耐用年数を超えた給湯器の一時的修理は再び故障する可能性が高いので、交換依頼される家庭は多いです。

給湯器に過度な負担をかけてしまった

給湯器に過度な負担がかかってしまうと、大幅に平均寿命を下回って故障してしまいます。過度な負担と言うのは、例えば、業務用に家庭用給湯器を使用したり、給湯器の号数能力を超えて使用し続けたり等、過度な使用を行う事で引き起こります。

悪天候での影響によるもの

例えば、大雨や台風の後等は激しい雨の影響で、給湯器に一時的な不具合が生じる場合があります。一定量の雨風を想定した上で給湯器も設計されていますが、激しい雨が一定量以上降った際には、給湯器内に雨水が浸水してしまい点火できない事があります。また、年数が経っている古い給湯器の場合は、給湯器内部の埃やゴミ等が湿気って、トラブルが起こりやすい原因に繋がっています。

前橋市の給湯器交換費用の相場価格について

給湯器 前橋市

給湯器交換の相場価格

前橋市の給湯器交換の相場費用は、2つのポイントによって価格に違いが生じてきます。まず1つ目は追炊き機能の有無、2つ目は省エネ性能の高さです。これらの機能の違いが金額を決める際の基準になります。追炊き機能が無い給湯器の場合、約13万円前後~給湯器交換が可能です。また、追炊き機能がある場合は、給湯器が約20万円を超えるものもあるので、給湯器の追炊き機能の有無で交換費用の相場も変わってきます。

実際の交換工事費用の主な内訳

給湯器の交換では、商品代と工事費が主な内訳になります。依頼する業者によっても金額はことなりますが、大体、給湯器は定価から約5~6割程度値引きされた金額で提示されている場合が多いです。基本的に給湯器の商品代には、リモコン費用も含まれています。
また、工事費には、古い給湯器の取り外し費用、撤去処分費用、新しい給湯器の取付け費用、これらの3つから構成されており、約4~5万円前後が相場価格となります。